中馬動物病院

犬・猫・小鳥など各種動物を診察します|横浜市港南区最戸

STAFF(犬と猫と人間と) STAFF(犬と猫と人間と) STAFF(犬と猫と人間と)
STAFF(犬と猫と人間と)

 

 

ブログ
QRコード 中馬動物病院QRコード
中馬動物病院のQRコードです。
ご利用下さい

  ドクターズファイル

春が来た!

春が来た!

こんにちは!朝晩はまだやや肌寒さも感じますが、4月に入りすっかりと暖かくなりましたね。
先週は桜の1番の見ごろでしたが、皆様はお花見に行かれたでしょうか?既に少しづつ葉桜になっているところも多いですが、葉桜も風流があり、また違った素敵さが感じられます(^^)

さて、動物病院で春といえば!毎年恒例の狂犬病予防接種と寄生虫予防の時期ですね。
まず下の地図をご覧ください。



国別で色分けされていますが、何を表しているでしょう?(右下に小さく記載ありますが…)


これは、狂犬病の発生地域を死亡者別で分けた図です。少し見にくいかもしれませんが、オレンジが年間死亡推定者数100人以上、ピンクが100人以下、そして緑が清浄地域(発生していない)ということを表しています。

これを見ただけだけで、「ああ、日本は狂犬病が発生していない、良かった。」と思う人は少ないと思います。日本の周りの国を見ると、
ほとんどの地域で毎年狂犬病によって亡くなっている人がいるのが見て取れますね。

ずっと清浄地域だった台湾でも、2013年、狂犬病が発生しています。他国との貿易機関が発達している現在の状況下では、今、狂犬病が日本で発生していないからといって安心はできません。


狂犬病はわんちゃんだけではなく、人間を含む哺乳類すべてに感染します。狂犬病予防接種を行うことは、自分のわんちゃんを守るだけではなく、私たちの平和な暮らしのためにも必要なものなのです。


そして、寄生虫予防で春に特にピックアップして注意したいのが
フィラリア症です。
フィラリアは蚊が媒介し、最終的に心臓にすみついて色々な問題を起こす寄生虫です。怖い病気ではありますが、予防すれば100%予防できますので、こちらも忘れずに行いましょう!


去年のフィラリアの予防薬の残りやどこかで貰った予防薬を検査しないまま与えるのは絶対しないでください!
フィラリアの予防薬は、血液中のミクロフィラリアを殺す駆虫薬ですので、万が一感染したまま薬を与えてしまうとショックを起こし、最悪の場合わんちゃんが死んでしまうことがあります。また、体重によって含まれている薬の量が違うので、病院等で体重をきちんと測ってから与えるようにしましょう(*^^*)

春は出会いと別れの季節。今年度、中馬にも新しい仲間が加わりました!そのご紹介はまたのちほど…


 

2018-04-01 17:39:10

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント