中馬動物病院

犬・猫・小鳥など各種動物を診察します|横浜市港南区最戸

STAFF(犬と猫と人間と) STAFF(犬と猫と人間と) STAFF(犬と猫と人間と)
STAFF(犬と猫と人間と)

 

 

ブログ
QRコード 中馬動物病院QRコード
中馬動物病院のQRコードです。
ご利用下さい

  ドクターズファイル

犬の十戒

原詩作者は不明との事ですが、とても感動し、動物の願いを語った詩です。 
当院HPの最後にその一文を引用させていただきます。
犬のオーナー様に限らず、ネコ・フェレット・ウサギ・ハムスター・小鳥・・全てのオーナー様に考えて欲しい事です。

 

THE DOG’S TEN COMMANDMENTS


〔犬の十戒〕


My life is likely to last ten to fifteen years Any separation from you will be painful for me.
Remember that befor you buy me.


私の一生は10~15年くらいです。
だからほんのひと時でもあなたと離れている事はとても寂しいんです。
私を飼う前にどうかこの事を忘れないでください。


Give me time to undrestand what you want of me.

あなたが私に望んでいる事を私が理解できるようになるまで少しだけ時間をください。

Place your trust in me - it's crucial to my Well-being.

私のことを信頼してください。
それだけで私はとても幸せな気持ちになります。

Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment You have your work , your entertainment and your friends.
I have only you.


お願いだからいつまでも怒ったり、閉じ込めたりしないでください。
あなたにはお仕事や楽しい事があるし、友達もいるでしょ。
でもね、私にはあなたしかいないんです。

Talk to me sometaimes.
Enen if I don't understand your words,
I understand you by you voice speaking to me.


時々、私にも話しかけてください。
あなたの言葉の意味は理解できないかもしれないけど、
あなたのその声で私はちゃんと分かりますよ。

Be aware how you treat me I'll never forget it.

いつもあなたはどんなふうに私に接していますか、
私はあなたにされたことを決して忘れたりはしません。

Remember befor you hit me
that I have teeth that could easily crush the bones
of your hand, but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出してください。
私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕く牙を持っているけど
私はあえてそんなことをしないようにしているという事を・・・。

Before you scold me for being uncooperative,obstinate or lazy,
ask yourself if something might be bethering me.
Perhaps I'm not getting enough food or I've been out in the sun too long
or my heart is getting old and weak..


私があなたのいう事を聞かず頑固で怠け者だと叱る前に
何故そうなってしまったのかを考えてみて欲しいのです。
ちゃんと食餌をくれてましたか? 日中暑いところにずっと放っておいたりしなかった?
だんだん年をとるにつれて心臓が弱ったりしてきているんじゃないだろうか・・

Take care of me when I get old ; you , too, will grow old.

お願いだから、私が年をとってもお世話をして下さい。
あなたもいずれは同じように年をとるのですから。

Be with me on my last journey.
Never say, "I can't bear to watch it "or "Let it happen in my absence."
Everything is easier for me if you are there.
Remember I love you.


私の最後の旅立ちの時にはそばにいて見送ってください。
「見ているのが辛い」とか「私の見ていないところで逝かせて・・」なんて
言わないでくださいね。
私はあなたが傍にいてくれるだけで、
それだけでどんな事でも安心して受け入れられます。
忘れないで下さいね、
私があなたを愛していたという事を・・・。

 

昔からペットといえば犬と猫でしたね。 現在でも圧倒的に犬と猫の飼育頭数は多く、人の社会・皆さんの生活の中に彼らは溶け込んでいます。 しかし、現在の住宅事情や核家族化・一人暮らしの方々の様々な諸条件から動物を飼育するのには困難が生じています。 そのような背景から最近多種多様な動物が皆さんのパートナーとして仲間入りしてきました。 どんな小さな命であれ、動物から得る癒しや、暖かさ、優しさはかけがえのないものですよね。

しかし、ペットを飼うという事は決してかんたんな事ではありません。最近では、流行の種類や珍しい動物を安易に購入する傾向にありますが、本当にその動物を一生涯飼育する覚悟があるかを、考えて下さい。そしてその動物はどのような特徴があって、どんな性格で、どんな事に気をつけなければいけないのか・・・・。
まず勉強してください。
飼育下にある動物はあなたに100%依存しその命を託します。 その代わり、多くの喜びと感動を与えてくれることでしょう。動物を飼いたいと思ったら、あなたの生活パターンや環境にあった動物をよく考えて選んで下さい 困った時、分からない事があったら、いつでも病院に相談して下さい
そのために動物病院はあるのですから・・・。